鈴木英哉シグネチャースネア(HS-147B)を買ったのでレビューしてみる

突然の発表から一週間、早速鈴木英哉シグネチャースネアを購入して叩いて参りました。私の貧弱なボキャブラリーと拙い知識でどこまでお伝えできるかわかりませんが、感想など書いてみたいと思います。

■レビュー
見た目の第一印象は、とにかくデカい!自分が持っているスネアが5インチということもあって余計にデカく見えました。また、持ってみた感じも流石にずっしり重いです。
実際に叩いてみた音の印象も、これまたデカい!金属的な高音の成分が非常に印象的ですが、かといって耳につくようなキンキンしたものではなく、これが深胴コパーの音なんだなあ、と妙に納得してしまいました。

で、スタジオで早速叩いてみました。こ、これは気持ちいい・・・!!元々の音がデカいってのもあり、金物の音に埋もれないでしっかり鳴ってくれる感じです。テンポ早め、オープンハットをバリバリ使うような曲(ex.終わりなき旅、NOT FOUND、Worlds end)を叩くと、まさにあのJEN’sサウンドがこの手の中に!

しかしテンポの遅い曲ではドラムの腕前がモロに出るような・・・逆に言えば自分のダメなところがちゃんと聞こえるので、もっと練習しようという気になりました。ううう。とは言え綺麗なゴーストノートを出せた時は完全にアヘ顔ダブルピース状態でほぼイキかけていました。スタジオという密室で本当によかった。

たまたまスタジオにあったTAMAの6インチのスティールスネアと比べてみましたが、コパーの方が綺麗な金属、という感じですねえ。上手く表現できませんが、スティールの方は不純物が混ざったような雑多な音、という印象でした。これは、打面がコーテッドだったということも関係あるかもしれませんが。

■こぼれ話
購入した店舗の店員さんが、星野楽器のファクトリーツアーに参加された際に、プロトタイプのJENモデルを見せてもらったそうです。その時に星野楽器の方が言っていたことによると、
・もともとは20周年に合わせて発表しようと作っていた。
・最初のモデルを6.5インチで作ったところ、本人から「もっと個性が欲しい」というオーダーがあり7インチで作り直すことに。
という裏話があったそうな。一応、20周年に間に合わせようという気概はあったようですが(笑)、健闘むなしくPOP SAURUSには間に合わなかったものの、その年のap bank fesで初お目見えし、今年のサマソニで最終仕様となり、今日の発売に至るというわけですね。うーん、深い!

ちなみに、購入した店舗では、入荷数はわずか6。店頭展示用以外の5台はすべて予約で掃けてしまったそうです。予約の段階でかなりの数が埋まっているという話もあるそうなので、悩んでいる方はお早めに。

■と、いうことで
http://youtu.be/uUM62_Bn5YU
拙いプレイで恐縮ですが、曲に合わせて叩いてみた動画です。ドラム音源はマイク一本で録ってるので、コンプをかけてEQできもーちキックの成分を下げています。参考までに。

■てめえの下手くそな動画よりスネアの写真を見せろすずむし野郎!
ジェンレゾウェブにてみすちびさんが舐め回すように(笑)綺麗な写真を大量にUPしていらっしゃるので是非ご覧頂ければ!スネア単体での試打動画もありますよ~
スネアの麗しいお写真達
スネアの試打の様子

on Dec. 21の謎【解決編】

SENSEライブ感想でも少し話題に出しましたが、ライドのセッティングがやたら高かったり、サブスネアやタンバリンがスタンバってたりと、セッティング的な意味で異例ずくめなことで鈴木英哉マニアな皆様にはお馴染みのon Dec.21。その中でも最も異例かつ目立つポイントとして、通常使用しているハイタムよりも更に口径の小さいタムを使用している点が挙げられましょう。

見た目にも非常に分かりやすい特異点であり、当時中学三年生(!)であった僕も、電気屋の息子に録画させたスカパーの中継のビデオを見ながら「なんか今日のJenドラムいっぱいある!」と馬鹿丸出しで興奮していたのをよく覚えています。…が、果たしてそのタムは一体どの曲で使われていたのか。見た目は違えど使っているところを確認できないのは非常にもどかしいということで、前振りが非常に長くなりましたが、本日はその謎に本気で迫って参りたいと思います。

そもそもあっさり使用しているところが推測出来たり、目視出来ればこんなに囃し立てることもないのです。例えばサブスネアやタンバリンなんかは、Bird Cageで使っているところが思いっきり写っていますし、音も非常に分かりやすいですし。ところがこのタムの場合、少なくとも今までに僕がonDecの映像を見てきた限り、映像ではっきり使っているなと確認したことはありませんでした。とすると、残るは音で聞き分けるしかないのですが、2時間以上タムの音に集中してDVDを鑑賞するというのは中々骨の折れる作業です。大体僕もそんなに暇じゃない。

ということで、ここはまず論理的にこの小口径タムが使用されている楽曲を推測することから始めてみました。推測のポイントは以下のとおり。

・後にも先にもこのライブでしか登場していない
→IT’S A WONDERFUL WORLDの収録曲で使用されている可能性が高い
→定番曲は除外される
・明らかに恣意的にセッティングされている
→印象的に使われているポイントがある

まず一つ目のポイントで絞り込んでみます。IT’S A WONDERFUL WORLDの収録曲や新曲、または定番曲でない楽曲となると、渇いたkiss・Drawing・君が好き・Bird Cage・LOVEはじめました・ALIVE・Any・いつでも微笑みを・蘇生・It’s a wonderful world・HEROに絞られます。Dear wonderful worldやファスナーはそもそもドラムの出番が無いので除外です。11曲か。うーんまだちょっと多い感じ。

では二つ目のポイントで絞ってみます。タムが印象的に使われている曲ですが、個人的にみると、CENTER OF UNIVERSE・渇いたkiss・Bird Cage・蘇生ってな感じでしょうか。もうここら辺まで書いてくると僕の中では答えが出てるのでさっさと答えを書いてしまいたい衝動にかられるし、見ている人も周りくどいこと言ってないでさっさと教えやがれと思っているかと思いますがあと少しですのでお付き合い下さい。なぜなら論理的に解説するのがとても楽しいから。

話を戻します。二つ目のポイントでとりあえず4曲に絞れました。4曲ならかなり集中して音を吟味出来るということでこいつらをじっくりと耳をかっぽじって穴が開くまで鑑賞してみることにしてみます。

まずはCENTER OF UNIVERSE。この曲のタムが印象的な部分と言えば一番サビ終りから二番サビ前まで。しかし高い音のタムは聞こえないし、注意してみても叩いてる様子もない。これは違うか。

続いて渇いたkiss。この曲は間奏終りのラスサビ手前の部分が印象的なんじゃないかなぁと思って挙げたのですが、これは…叩いている…でしょう!映像でも桜井さんが邪魔に隠れてあまり見えませんが、わずかに画面向かって右のタムを叩いているように見えなくもない!これで決まりだ!ドヤッ!!

…まあ、確かに叩いてるのはわかりましたが、回数にしてわずか2回。2音。なんか釈然としない。フィルの一部にちょこっとアクセント的に入れる為だけにセッティングしたとは到底思えない。むしろ他に意図的に入れるべき音のためにセッティングして、せっかくだからフィルにも入れてみようと考えるのが自然だ!そう考えると次のBird Cageも微妙。サビ前のダダッ、ダダッ、で使っているような気がしなくもないけど、やっぱりなんか説得力に欠ける。これも保留。

ということで勘の良い方はもうお分かりかと思いますが、そうです、あの小口径タムが使われていた曲は蘇生でした。チャプターで区切った場合で言うと1分50秒前後、一番サビが終わった直後から始まるお馴染みの「キック四つ打ち+タム」のフレーズ。ここの3拍目のウラ(というのでしょうか?小節を八等分した場合だと6拍目)のタムの音が明らかに高い事がわかります。映像でもかなり引きではありますが問題のタムを叩いているのが確認できます。ドヤッ!!ドヤッ!!!

蘇生は既に定番曲になってますし、正直最初は渇いたkissやBird Cageあたりが本命かなと思っていたのですが、まさかここで使っていたとは。使いどころも非常に納得なのですが、シフクツアー以降の蘇生の印象で上書きされているせいか、「蘇生で小口径タムを使うはずがない」という先入観がここまで解決を長引かせてしまったような気がします。いけませんね。

しかしここで一つ疑問が。今回の記事を書くために色々と資料眺めていたところ、on Dec.21のパンフレットに戸田市民文化会館でのDear Wonderful Worldツアーのゲネプロの様子の写真を見つけたのですが、そこにはこの小口径タムの姿は無いのです。おやと思ってファンクラブ会報に載っていたスタジオリハの様子を確認してもサブスネアはあれど小口径タムの姿はなし。…ということはDear Wonderful Worldツアーのセットリストには蘇生は入っていなかった?しかも早い段階から?などなど妄想は膨らみますがそこはこのブログの範疇を越えてしまうので自重しておきます。

ということで非常に長くなってしまいましたが、茶番含めてお付き合い頂きありがとうございました。反論などのその他情報ございましたら是非お知らせください。

SUPERMARKET FANTASY IN TOKYO DOME 感想

先日いよいよ年末のドームツアーのDVDが発売されましたね。
WOWOWの生中継と再放送は見ていましたが、DVDが出ればアングルが変わる!
アングルが変われば機材が映る!!ということで先程鑑賞が終わりましたので
感想でもつらつらと書いてみようと思います。箇条書きで。

■鈴木英哉
・Dance Dance DanceのリフのSEを流している貴重なアングルはカット
・Worlds endでスティックを落とした部分は修正されず
・スティックを落とした英哉を見てニヤニヤするメタボPが抜かれていた
・スパイダーカムのお陰で背後からのアングルが増えた
・でもあとちょっとのところでペダルが判別できない・・・もどかしい・・・
・箒星でマニピュレータにキューを出すアングルが追加
まだ一度ざっと通して見ただけですが、鈴木英哉贔屓な当ブログの目線での感想はこんなところでしょうか。続きまして個人的な感想を良かった点と残念だった点に分けて書いてみました。

■良かった点
・Mix!素晴らしいよMix!!今井様GJ
・箒星の「やれるか!!??」はテンションヌが上がってしょうがない
・365日
・小林武史のオルガンさばき

■残念だった点
・WOWOWの中継の時、彩りで抜かれていた老夫婦がいなかった・・・
・スパイダーカムの持ち腐れ
・照明チーム泣かせの自称映像革命
・またスローモーションか
・切り貼りするのはともかく、最低限音と映像の素材はせめて同じにしてほしい
・小林武史のピアノさばき

今回のDVD、嘘だろうってくらいにMIXが最高でした。
WOWOWの再放送の時も生中継に比べてぐぐーんと良くなってましたが、改めてDVDで、
更に大きめの音量で聞いたらもう僕の好みドンピシャな音のバランスでした。
田原さんのギターの音がおそらく今までで一番大きいんじゃないでしょうかこれ。
終末ツアーのDVDでも思いましたが、ドラムも聞くだけでどこを叩いてるのかがハッキリと分かる感じ。こういう事をされるからなかなかライブ音源以外を聴かなくなってしまうのでしょう、僕は。

しかし音が良かっただけに映像の残念さが際立つような気もします。
映像革命(笑)とかなんとか言って勝手にハードルを上げてこのザマかよ、とまでは言いませんが、せめて音と映像の素材は同じものを使っていただきたいです丹下のオッサン・・・
名もなき詩とか酷いよ。桜井さんがマイク直してるのにアコギの音が鳴ってたり、
英哉がシンバルを叩けど叩けど音がしなかったり。もうほとんどMステでマイク倒した山Pと同レベルじゃないかー。
あと、コバタケはピアノ弾かずにずっとハモンドを弾いてればいいのにとつくづく思いました。

そんな感じで相変わらず文句もありますが、それを補って余りある素晴らしい音楽ということです。箒星のナカケーのベースの震え、終わりなき旅の桜井さんのシャウトに痺れ、365日の田原さんのストラトの音には泣かされました。JENは言わずもがなです。以上、感想終わりー!