B’z presents UNITE #01

Mr.Children、そしてもちろんJENにとって久々の有観客ライブということで非常に気合が入っていたように見えたこのB’zとの対バン、格好良かったですね〜。B’zのライブも良かったし、青山英樹氏の豊かな表情で手数をバリバリこなすプレイは痺れました!貴重な公演を配信で視聴できたことももちろんなのですが、映像のあらゆる画角が素晴らしかったので本当にB’zチームの皆様に感謝です。とにかく機材チェックが捗りましたw

■メインセット
Ludwig Classic Maple(Finish:Blue Olive Oyster)
Paiste Signature “The Paiste Line” Dark Crisp Hi-Hat14”
Paiste 602 Modern Essentials Crash 16”、18”
Paiste Signature “The Paiste Line” Full Crash 20”
Paiste Signature “The Paiste Line” Full Ride 20”
Paiste PST Xシリーズ
dw MDD HH3
dw 5000(おそらくTD)
Roland PD-140DS
Roland KT-10
Roland RT-30H※タム類に装着。使用曲は不明

メイン機材はおおよそ最後のドームツアーから大きな変更はないように見えますが、久々なのでおさらいです。ドームとの違いはスプラッシュを使ってないくらいでしょうか。正直シンバル類についての判別は諦めており過去頂いた情報から更新出来ていないので、これは違うぞ!という点がありましたら是非情報をお寄せください。

■スネア

M01 Tomorrow never knows Ludwig Copper Phonic
M02 GIFT Ludwig Copper Phonic
M03 himawari Ludwig LM400
M04 口笛 Ludwig LM402+★
M05 Everything (it’s you) Ludwig Copper Phonic+◆
M06 others Ludwig LM402
M07 DANCING SHOES SONOR Phonic+★
M08 SINGLES SONOR Phonic
M09 Brand new planet SONOR Phonic
M10 innocent world SONOR Phonic

★:Roland PD-140DS
◆:Roland KT-10

スネア類ではなんだか久しぶりにSONORのPhonic5インチ(→LINK)が登場でした。apとか各種イベントはすっ飛ばしているので怪しさはありますが、当ブログの記録によるとなんとREFLECTIONのアリーナツアー以来の模様です。すっかり金ブラもしくはLM400に奪われてしまっていたであろう位置に思えますが、何があったんでしょうね。笑

■パッド、トリガー類の音源
重力と呼吸の一連のツアーに引き続きRolandのパッドPD-140DSを使って口笛のクローズドリムやDANCING SHOESのリズムマシンぽいスネアの音色を出していましたが、今回音源がTD-50(→LINK)であることが判明しました。表に見えてなかっただけでPD-140DSを導入した重力と呼吸ツアーから使っていたのかもしれませんね。

繋がってるケーブルを見ると、電源/MIDI IN/DIRECT OUTの1chのみ。パッド、ペダルトリガー、タムのトリガーを何かで集約してMIDI入力として接続してOUTからPAに出してるということでしょうか。しかし過去の公演見てもライブ中数曲しか使わないのに当たり前のように最上位機種を用意するあたりさすがスーパースターは違います。

■KT-10の使い所
今回も生のバスドラが鳴らない曲がありました。B’zの二人とコラボしたEverything (it’s you)です。やけにスネアの側面がよく見えるなと思っていたらdw5000踏んでないじゃん!と気づけたのですが、稲葉さんが非常に良い位置に立っていらっしゃるおかげで正面から擬似ビーターのぴょこぴょこを確認することも出来ます。是非皆さんもチェックしてみてください。(向かって正面バスドラ左下あたり)

パッドでスネア音色出してたしDANCING SHOESでも使ってるんじゃないか?とチェックしましたが、そちらは生音だった模様。過去Starting Overで使っていたように、バスドラのダブルを印象的に踏む曲はペダルトリガー使ってモジュールの音源を鳴らすのでしょうか…。今後も見逃せません。

■スネアのヘッドの話
会報88号のリハの写真で珍しくAQUARIANのヘッド(Coated White w/Power Dot→LINK)が張られたスネアが登場し一部がざわつきましたが、今回の公演では登場しなかったように見えます。会報のスネアはLM402かと思うのですが、使っていたLM402のヘッドはセンタードットがない真っさらなコーテッドに見えました。違う個体なのか、それとも張り直したのか、はたまた照明の具合でドットが見えてないだけか…(コパーも白ドットに見える瞬間があったし)まああのリハの写真自体パッドや穴あきシンバルがなかったりしてるのでこの公演を目的にしたものではない可能性が高いですしね。

LM402のヘッドは結局特定出来てないですが、他は大体こんな感じだろうということでまとめておきます。Twitterでは既にネタとして拾っていましたが、LudwigスネアにCANOPUSのヘッドを張ってたり、SONORスネアのヘッドがSONORレモから純正REMOに変わってたりして判別のネタにもなるので皆様も是非参考にしてみてください。(SONORはSONORレモのがわかりやすかったけど…)
・コパー→REMOクリアコントロールサウンド(Black Dot)
・LM400→CANOPUSコーテッド
・LM402→不明。コーテッド
・フォニック→REMOコーテッド

■みんなでつくろうJEN Padの輪
セットリストと使用スネアのみならず様々な情報が載っているとか載っていないとか噂されるJENのiPad、今回もスネア以外の情報が沢山載っていそうです。しかし解像度の限界ですべて解読することは出来ませんでした。そんなJENのiPadの中身を皆で補完していこう!という突然の新コーナーです。お付き合いください(笑)

GIFTの?はコーラスかなあ、とか、スネアの後ろの×印部分はこれまでも締め方のメモだったから始め方締め方の何かかな、それともパッドやペダルトリガーのメモとか音色のメモなのかな、などなど妄想が尽きません。是非皆様の妄想願望含むご意見もコメント欄やTwitterなどでお寄せいただければと思います。みんなのちからでさいきょうのJEN Padをつくろう!

ということで、以上思いの外盛りだくさんな内容になってしまったB’z対バン公演機材レポでした。重力と呼吸から引き続き生音とエレクトロの融合が着実に進んでいるJENサウンド、全身に浴びて震える日が来るのが一層待ち遠しくなりました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中