【淡々と】2016末時点の情報

鬼神のようなセットリストと共にホールツアーを周った我らが鈴木英哉御大がまさかのLudwigとのエンドースメントを結ぶというおったまげぶったまげな変化を見せてくれた2016年も終盤、皆様お変わりないでしょうか。

私は今年はMr.Childrenのライブに箸にも棒にも引っかからなかったため現場で直接確かめられておりませんが、現時点でWebでの情報+映像+会報の写真などなどから判明している機材をまとめてみました。

■Ludwigのサイト
http://www.nonaka.com/ludwig/artists/index.html
今年の楽器フェアでも大々的に展示されていたようですし、野中貿易さんもイチオシしてるっぽいです。イチオシついでに使ってるスネアの情報もください。

■メインセット
イケベの販売ページより:http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/491584
(念のため魚拓:http://megalodon.jp/2016-1213-0103-14/www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/491584

なんと約60万円でイケベ楽器で完全に本人と同じモデルが我々も購入できます。2台分しかこのフィニッシュのカバーリングが出来なかったとのことですので、手に入れればJenと二人だけの世界に浸れること間違い無し。流石に手は出せませんが、せっかくなので秋葉原リボレドラムステーションまで足を伸ばし現物を確認して参りました。


組み上がってはいませんでしたが、紛うことなきオリーブオイスターフィニッシュ。試打も解禁しているそうですが、問い合わせの電話はあるもののまだ試打までする本気の猛者はいないとの店員さん談。というのが先週(12/17)の話でしたが、販売ページの表示は商談中になっていますね。もし購入された方いらっしゃいましたら是非ご一報ください…!

■スネア
http://www.nonaka.com/ludwig/products/snaredrum/index_copperphonic.html
今年のツアー、複数の新スネア(おそらくほとんどLudwig)を使っているようですが、各種映像・写真、そして信頼できる筋からのタレコミもありその内の一つはこれが濃厚のようです。最新の会報にスネアケースに収まっている様子が見えましたが、一番深い6.5の奴っぽいですね。しかし鈴木英哉モデルとはなんだったのか。


こちらも秋葉原リボレで写真納めてきました。
Special Thanks to みすちびさん(@Jenreso)

■ペダル
http://moridaira.jp/dw/dw_mfg
いつから変わっていたのかは定かではありませんが、会報の写真を見る限りペダルも変わっていたようです。ペダルにしてはお高くて良い奴ですね。



こちらも現物の写真を参考までに。

■シンバル
詳細な型番は不明ですが、クラッシュ・ライド共に再びPaisteを使用しています。黒いロゴだったのでSplit the Difference期の2002シリーズではなさそうですね。ハイハットは不明ですが引き続きウォッチしようと思います。

2017年も引き続きホールツアーということで、しばらくLudwig無双が続くことでしょう。なんと幸運にも来年はツアーに参加できそうなので己の目でしかと確かめて来ようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中