長野に行ってきました

10日の長野M-WAVE公演に参加してまいりました。

まさかの田原さん側の一列目という超絶幸運席ということもあり、これは開演前から穴が開くほど機材をチェックできるぜ!と息を巻いていたものの、すでに参加された方はご存知のとおり、ステージ上にはしっかりと緞帳が・・・orzしかし、始まりさえすれば関係ないわけです。

ということで気になった点気づいた点を例のごとく箇条書きで。まずは鈴木さんから。
・メインセットはapでTAMAに戻ったかと思いきや、Premier。
・持ち前の目の悪さが存分に発揮されてシンバル類は確認できず。
・しかし、長いことストレートタイプを愛用していたシンバルスタンドがブームタイプに。今までほぼ水平に近かったクラッシュにも多少角度がついてました。
・I’m talking~ではブラシの音のような、でも見た目は普通のスティックのようなものを使っていたので探してみたら、マルチロッズというタイプがあることを知りました。赤いラインが見えたのでttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=594^CRODSが今のところ一番近いのではないかと思うのですが、こればかりはスクリーンやDVDで確認したほうが確実かと思われます。このURLの商品も「これだ!」っていう感じではないですし・・・。
・擬態のAメロは結局サブスネアでした^q^
・しかし右手でフロア、左手でサブスネアというフォーム。両方共サブスネアかと思ってた。
・HANABI、くるみで二曲連続でスティックを落とす。歳のせいか?(笑
・スッキリの映像を見たらシンバル類はジルジャンっぽいですね。

続いて他のメンバー。
・新しいギター多数。田原さんの新ギターは会報で触れていたものとのこと。
・新ベースもちらほら。アイムトーキンとか。
・Iでナカケーが5弦ベースを使っていた!気がする!きっと使っていた!
・社長のピアノソロ、Hiが強すぎるせいかかなり耳にくる。もう少しミドルを上げてみたら印象も変わる気がするのに。
・かぞえうたの桜井さんギターのチューニングがよくわからない・・・カポ付けてなかったからハーフダウンかと思ったけど、転調後のサビでEを押さえていたような。もしかしたらFかも。Fならレギュラーですね。Eだとしたら・・・半音上げ??ちゃんと確認できた人いませんかね?(笑

さすがに1列目と言えどそこから確認できる鈴木さん情報は非常に少なく、結局田原さんの指の動きを今まで以上にじっくり見てた気がします。だって、もう、すぐ、目の前に来るんだもの!しかし、やっぱり一度でいいからJenを真後ろから見てみたいなぁ、という人間の欲望は限りないことを痛感したライブでございました。

長野に行ってきました」への3件のフィードバック

  1. ちょ、1列目とか羨ましすぎます・・・。
    さいたまも行くんですが微妙な席がきました。
    シンバルスタンドがブームになったってのは革命ですねぇ(笑)
    結構こだわり部分だと思っていましたが。
    I’m talkingのベースは終末で出てきたやつじゃないかなーと思ったり(未確認)。
    5弦なんか使ってました!?
    シーラカンスから持ち替えてなかったとメモにはありますが、次回よく見てきます。
    シフクノオトの時だったか後ろから見ました。
    確かにJenの後ろ姿を観れたのは楽しかったですが、音が・・・。
    でもドラム好きなら音を除けば相当楽しいんでしょうね。
    以前書いたパイステ話。
    使いたがったのは桜井さんでした。
    Hiを出せばいいってもんじゃないと、社長が説得したそう。
    その社長のHiが強過ぎるって!?(笑)

    いいね

  2. 通りすがりでコメントさせていただくことをお許しください。
    I’m talking~のスティックはオアシスがたまに使ってる「あの竹串が重なってるのは何だ?」という知識でしたがマルチロッズて言うんですね。ためになります。
    擬態のAメロは「ON DEC21」の「Birdcage」みたいなかんじでしょうか?
    社長のCPは、生のCPとモジュ-ルのCPのあわせ技なので相当分厚いのですが、確かにHiがきつかったです。「HOME」スタジアムでいきなりそれを印象受けました。今回はそれよりましですが、まだ高いようです。トーンをいじるか、PA卓で調整して欲しいものです、せっかくデジタル卓になったんだからプログラムもしやすいでしょうし。
    かぞえうたは桜井さんはAメロのとき5フレットのDを押さえていたので半音上げだと思います。

    いいね

  3. >たいらさん
    僕もさいたま火曜日行くのですが、行ければいいやと思って取ったサイドスタンドが角度マイナスな席だったので(特に今回の演出を考えると)指定席にしておけば・・・と悔やんでいます。最前列で見られただけでもう一生ものですが(笑
    I’m talkingのベースはファスナーで使ってたやつですか!しかし5弦ベースは本当に自信がないのです・・・指板が大きかったりヘッドにペグがもう一個あったように見えたのですが、もし使ってたとすればきっと他の方からも目撃談が上がっているでしょうから多分見間違いなのかなぁと。
    後ろの席はやっぱり音が残念な感じですか。でもやはりドラムをやってる身としては、足の使い方をよく見られる後ろのアングルはとても参考になるので一度見てみたいものです。
    そしてパイステにそんなエピソードがあったなんて(笑)なにかの雑誌のインタビューですかね?
    >ミナミさん
    初めまして。お名前はよく存じております。お気になさらずじゃんじゃんコメントしていただいて、僕の中途半端な知識や根拠に乏しい部分を是非とも指摘・訂正していただければと思います。
    擬態のAメロはまさにonDecのBirdCageですね。関係ないですがon Decのセットは色々と特殊過ぎるので折を見て触れようと思ってるのですがいかんせん情報が少なすぎます・・・
    社長のピアノは合わせ技だったんですか…知りませんでした。Hiについてはややアンチ寄りな人間故にそう聞こえるのかなぁとか思っていたのですが、そういう訳でもないのですね。アンチと言うと少し語弊がありますが、もう少し上手いこと調整してもらえたらなぁと思うのです。ロザリータの間奏ソロとか、めちゃくちゃ音でかかった気がしますし(笑
    かぞえうたやっぱり半音上げですか。どうもありがとうございます。珍しいですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中